最近話題のSIMフリースマホ・格安SIMって何でしょう?


最近・雑誌やテレビ・インターネットで「格安スマホ」やSIMフリー
という言葉を目にしたり耳にしたりするようになりました。

格安スマホというのは、その名のとおり、
従来のスマホと比べて格安のスマホになります。

★SIMというのは、電話・インターネット会社が貸してくれる
電話番号などの情報が入ったチップの事です。

SIMフリーというのは、
どんな電話・インターネット会社のチップも自由に使える
スマートフォンのことなんです。

SIMフリーであれば、一つの電話会社にこだわることなく
、 気にならなくなったら他の会社のチップに入れ替えれば
使用できるのです。

よく聞く大きな携帯電話会社のDOCOMOや、AU、SOFTBANKなどで
販売されているスマホは、自分の会社にて通話・通信サービスを
使ってくれること前提に、月々割引をして、
安く購入できるようにしているのです。自分の会社で使ってもらうには、
他の会社のSIMといわれる、通話・通信
を行うために必要なチップを、自分の会社のものしか使えないように、
本体に仕掛けをしておくのです。

その仕掛けのことをSIMロックといいます。

このように、同じ携帯電話会社としかスマホが使えない、
ということは、
スマホ本体の料金がきちんと支払いを終えてからでないと、
本体料金がもったいないので、
なかなか他社に移ることができないということになります。
例えば、支払いをしている途中で解約した場合、 スマホ本体への月々の割引がなくなり、料金をまるまる支払わなくては
ならないのです。

その状態で他社に移っても、またスマホの本体端末料金を支払う必要があり、
トータルでずいぶん高い料金を支払っていくことになります。

なので、みなあまりうつらないというか、うつれない現状があるのです

他社に移ってしまうリスクが多くあれば、キャリアと呼ばれる携帯電話会社は。
各社、割引やサービスを充実させて、自分の会社に留まってもらおうと努力します。

それを狙って、政府も、キャリアに、SIMロック解除を義務付ける動きが
出てきたのです。現在は、契約から6ヶ月経ったら解除できるというのが
スタンダードになりつつあります。大変良いことです。

そんな格安SIMを提供している電話会社・インターネット会社を
比較したサイトがこちらの「http://格安sim比較おすすめ.com/」になります。

そして、私がスマホで使っているのが、
http://b-mobileおかわりsim評判.com/
でも紹介されている、b-mobileおかわりSIMになります。
長年使い続けていた大手キャリアから移りました。
同様のサービスが3,4千円していたのが、今では千円台
と大幅に安くなりました。

SIMのサイズ

SIMはシムと読み、そのシムには、
標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの3種類があります。
スマホの中に入れて使います。このことについては、上部メニューの、
SIMのサイズのページに記載してありますので、気になる方はご覧下さい。

SIMフリースマホ

SIMフリースマホについては、上述したとおりですが、
どの携帯電車の会社のSIMであっても使用できる、魅力的なスマホです。
現在、アマゾンやヤフーショッピングなどで通販で買ったり、
大手量販店など、店頭でも販売されるようになって来ました。
これについても、上部のメニューをご覧いただければと思います。