お知らせ
今のところありません

更新履歴
14/03/20 大幅に更新しました
14/01/10 少し更新しました


膜タンパク質は1970年代の頃から注目され始め、生化学的な手法を用いた研究が進められてきた。


少数のアミノ酸が直線状に連なったものはポリペプチドと呼ばれることがよくある。
膜タンパク質の研究は徐々に進みつつあるものの、未だ限られた状況にある。

タンパク質は身体をつくる重要な役割がある。

膜貫通型タンパク質は、膜を完全に貫いている。
細胞は、生命の基本単位である。


非リボソームペプチドみたいな、膜と相互作用を持つタンパク質も数多く存在する。
生物の重要な構成成分のひとつである。

構造が中々解明されなかった理由として、分析機器、例えばX線、電子線、放射光、NMRなどが不十分であった。