格安スマホとは一体どのようなもので、節約になるのか?

最近、格安スマホという言葉を耳にするようになりました。
格安SIMという言葉は比較的良く見聞きしていましたが、
格安スマホについては、あまり言及されてきませんでした。

私が始めてこの格安スマホというものを見聞きしたのは、
freetelという格安のスマートフォンについての記事でした。

電気街の一角に、店を構えて、販売員がチラシを配っていました。
スマートホンがそれほど普及していなかった当初、
スマホは、かなり高額な月額料金がかかり、本体代金も
ものすごく高かったです。4〜5万位するのが当たり前でした。
今となっては、安いもので1万円位のものもでてきていますね。
当初、たしか、2万円くらいと、
ほぼ半額くらいで販売していたんです。

うわー、こんなに安くスマホが手に入るんだと驚いたものです。
格安スマホという言葉が出始めてきたのはこの頃です。

この格安スマホですが、主には、格安SIMとセットで販売されます。
格安SIMの契約のほうで、長く使ってもらえば、そちらで利益を
とれるので、こういったセット販売が多いのでしょう。
ただ、格安SIMをセットのもので使わなくても良いことが
ほとんどです。

もちろん、セットでついてきたSIMならば、相性も抜群で、
動作確認済みでしょう。一般的な格安SIMの事務契約手数料
や、SIM購入代金の3000円も不要です。

ただ、SIMの内容が割高であったり、自分のライフスタイルに
合っていない場合には、ついてきたSIMは誰かにあげたり、
オークションなどで売るのも手でしょう。無視して捨てて
しまっても構いません。

私は、格安のSIMフリースマホに、大手のSIM会社のものが
ついてきたので、そこで申し込みはしましたが、
そこよりも魅力的なb-mobileのおかわりSIMというサービスを
見つけましたので、私はそちらに乗り換えました。

私が買ったのは、freetelのSIMフリー端末で、
SIMが2枚差すことができるものです。
家族や友人と同じ電話会社の通話をすることが多いため、
通話自体は大手の電話会社のSIMにて行い、
インターネットのネットサーフィンをするときには、
データ通信専用のSIMで行うようにしています。

かえる前は、月8000円位していたのですが、
端末料金が12000円、月々1000円+500円で
すんでいるので、2年間換算すると、月々2000円で
利用できているわけなのです。

すごく節約になり、その分、美味しいものとか食べに行ってます。

また、格安SIMでは、時々、最低使用期間の制限がついているものも
ありますので、注意してください。
主に、音声通話対応のSIMは制限があることがよくあります。

格安スマホは、ただ単に安いだけのものと、
値段の割に機能が良いものがあります。

買う前によく、レビューや、付属SIMの料金や最低試用期間
などをしっかりチェックするようにしましょう。